ウーマン

尿酸値が心配ならサプリで下げる|これからの健康を考える

良い枕の条件

寝室

健康的な睡眠のために

良質な睡眠は健康にも効果的で、たっぷり眠った後の覚醒時は、すっきりとした目覚めになるものです。そんな良質な睡眠に欠かせないアイテムが理想の枕で、枕によって睡眠の質も変化してきますし、悪い枕では首の痛みや頭痛、肩こりやいびきなど、さまざまな症状が出ることもあります。それゆえに自分に合った理想の枕を利用するべく、寝具売り場などには枕鑑定士やアドバイザーなどのプロがいて、顧客それぞれに合った枕の高さや素材などを鑑定してくれるところも増えています。また整体師やカイロプラスティックの先生などからも理想の枕を勧められるケースも多いですし、枕外来などの専門の医療機関も存在しています。このように理想の枕を追求するべく環境は整いつつあるため、自分に合った枕で健康効果を得るべく、理想の枕の利用者も増加傾向にあります。

基本的な条件を満たして

枕といってもその素材や種類は実にさまざまで、素人には選ぶこともなかなか難しいのが現実です。しかし基本的には良い枕というものはそれなりの条件が存在しており、頸椎を支える枕の構造および大きさや高さ、枕や枕カバーの素材といったものが大まかな条件と言えます。まず大きさに関しては、肩幅以上で寝がえりが可能な程度のものが理想的で、中身に偏りがなく頭の丸みを自然に受けとめてくれる構造のものがお勧めです。もっとも高さは個人差もあるため、プロに測定してもらうのが一番です。そして素材に関しては、感触や音や香りなど、好みに合わせて選ぶのも良いですが、それにプラスして寝ている時は発汗するために吸湿性や保湿性も考慮するとより良いでしょう。